財団について

理事長挨拶

 当財団は、神田通信工業(創業者:故渡辺勝三郎氏)の株式を以て、昭和57年7月1日に設立されました。平成23年6月1日には新公益法人制度の下で一般財団法人へと移行しましたが、設立以来37年間に亘って、新技術の振興を図り、社会・経済の発展と福祉の増進に寄与することを目的として科学技術に関する調査・研究及びこれらの助成・奨励を行ってきています。

 年号が「平成」から「令和」へと改まり、様々な意味で新しい時代が始まろうとしています。当財団もこのような新しい時代の動きに対応しつつ、今後も財団の目的に沿って業務を実施し、役割を果たしていく所存です。

(一財)新技術振興渡辺記念会
理事長 武安 義光